無理録

無理蔵の記録用

尊敬すること

 I loved the man, and do honor his memory on this side idolatry as much as any. (Ben Jonson "On Shakespreare")

自分が生まれて最初に尊敬した人は誰だろうかと記憶をさかのぼってみると, 物理学者のリチャード・ファインマンが最初の人物だった。それは確か高校1年生のとき, 科学雑誌かなにかにファインマンの自伝的小説である「ご冗談でしょう、ファインマンさん」の話が載っていてそれに興味を持ってその本を読んでみたら, たちまちファインマンの虜になってしまった。そして岩波文庫から出版されているファインマン関連の本をすべて買い集めた。ファインマン量子力学への貢献により1965年にノーベル賞物理学賞を受賞し, 物理学に数々の業績を残したが当時の僕はそんなことは全く知らず(分からず), ひたすら本の中のファインマンに溢れるユーモアと自然や人間への好奇心に惹かれ尊敬をした。そしてファインマンの物理学への貢献を知った今もそれは変わらない。

ファインマンは僕が尊敬した時点では既にこの世にいなかったので生きてる人で最初に尊敬した人はだれかというとそれは結構最近の話で, 卒業研究のときの指導教員だった。ファインマン同様, その先生も物理学において天才的な人だったが, 尊敬した理由はやはりその先生のユーモアとか様々なことに対する興味(知識)の多さだったと思う。例えば, ゼミのテキストは英語だったのだが, 事あるごとに英語の豆知識を教えてくれ, この先生の専門は英語なのかと思うほどだった。

人は自分よりかけ離れたところにいる人を尊敬しがちである。もしかしたら僕が本の中のファインマンを尊敬したのもその一つなのかもしれない。しかし, どんな人も近づいてみてみると自分と同じ人間であることに気づく。三島由紀夫の「おわりの美学」の話の一つである「尊敬のおわり」で語られるように, むしろ自分と同じ人間であり同じものを持っている人だからこそ尊敬する, ということが理想的な尊敬なのかもしれない

大人になること

条件はみんな同じなんだ。故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いものもいる。タフなのもいりゃ弱いのもいる、金持ちもいりゃ貧乏人もいる。だけどね、人並み外れた強さを持ったやつなんて誰もいないんだ。みんな同じさ。何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何ももてないんじゃないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。だから早くそれに気づいた人間がほんの少しでも強くなろうって努力するべきなんだ。振りをするだけでもいい。そうだろ? 強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。(村上春樹風の歌を聴け」)

まだだいぶ先だが, 就活の自己分析に備えてちょびちょび何かをまとめていきたいと思う。

小学生の頃は自分が大人になるなんて全く思ってもいなかった。しかし, いつの間にか二十歳を超えていわゆる大人になってしまったのだが, 小学生の頃に思い描いていた大人になれたかと言えばそうでもない。

小学生の頃の無理蔵少年はかなりの臆病者で, 寝てる間に地震とか火事とか隕石で死なないか毎晩毎晩不安で仕方なかったし, 家の外にいても中にいてもいつも何かしらの恐怖に怯えていた記憶がある。そして, 大人になったらきっとそういう怖いものもなくなるのだと思っていた。

実際, 大人になった無理蔵はどうかというと, 昔ほどではないがやっぱり死ぬのは怖いし, 将来も不安だらけだ。そして歳を重ねるにつれて人間も怖くなっていった。つまり, 小学生の無理蔵少年が思い描いていた大人にはまだなれていない。というか小学生の無理蔵の大人像が間違ってたのかもしれない。

結局, 怖いものはいつまで経っても怖いままなのかもしれないし, そうでもないのかもしれないのだが, 今ちょっと計算してみたらもうすぐ人生の1/3を使い切ろうとしていた。本当は恐怖に怯えてる暇なんてもうないのかもしれない。

4/6 鶴見川&港北周回

平地も登りもバランスよく.

鶴見川に「歩行者注意」と書かれた看板が大量に設置されていた. お互いに注意するのが一番大事なのかもしれない.

ステムを伸ばしたのでサドルをちょびっと前に出したら平地でも上りでも踏みやすくなった.

4/5 newステム試走

Vision Metron Stemを買ったので試走.

長さを110mm→120mmにしたが, 慣れれば問題なさそうな感じ. 外観の問題からヘッドカバーを自作したがよい感じだった.

硬さは, アルミステムより硬いのだろうが, ハンドルがそこそこ柔らかいのであまり違いはわからなかった.

4/2 港北周回

久々に真面目に港北周回した気がする.

ポジションを変えてから(サドル高を上げ, クリート位置を前にしてから)登りで踏めなくなった気がするが, 脚が局所的に疲労することがなくなったのでペダルの踏みすぎがマシになってきているのかもしれない.

とはいえ以前よりも遅くなっているのは事実なので気を抜かずにいきたい.